食べる

ヘルシンキの老舗レストラン「BELLEVUE」、1年間の休業期間を経て営業再開

BELLEVUE

BELLEVUE

  • 9

  •  

 ヘルシンキ・カタヤノッカ地区の老舗レストラン「ベルビュー(BELLEVUE)」(Rahapajankatu 3, Helsinki)が9月22日、1年間の休業期間を経てリニューアルオープンする。

 同店は1917年創業。ウスペンスキー大聖堂やトーベ・ヤンソン公園などの人気観光スポットに近く、地元市民に愛されてきたロシア料理レストランだが、2019年10月に運営会社が破産したことで一時閉店を余儀なくされていた。

[広告]

 この度、新しいオーナーを迎えたことでリニューアルオープンする運びとなった。新オーナーは中国人ビジネスマンのペン・チミンさんで、新料理長のミッコ・サーリキヴィさんは市内の高級レストラン「Lehtovaara(レフトヴァーラ)」出身。新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、当面はディナータイムのみ営業する。

 営業時間は火曜~土曜の17時~23時。